手頃な費用が嬉しい池袋のリフトアップ

痛みに弱い人でも安心して受けられる

顔が老けて見えるようになった痛みに弱い人でも安心して受けられるヒアルロン酸注入の特徴

痛みが心配でしたが、クリニックで使用しているHIFUは痛みに弱い人でも安心して受けられるタイプだったので問題なかったです。
高密度焦点式超音波は超音波を高密度に集束させるので、気になるターゲットのみを加熱できます。
加熱すると熱変性が起き、皮膚が収縮して様々な肌トラブルを解消します。
筋膜と呼ばれている皮膚の土台は外科手術で治療を行っていましたが、HIFUの登場でメスを使わなくても治療が可能になっています。
筋膜の層に熱を与えて緩んだ筋膜を引き上げると、肌を土台から持ち上げられます。
皮下層に熱を与えるとコラーゲンの再生も活発になるので、肌の弾力が増します。
真皮層に熱を与えると肌の表面が引き締まり、若々しい肌に戻ります。
施術を行う当日は、クレンジングと洗顔を行ってメイクや汚れを落とします。
アクセサリーは全て外して、照射を避けたい部位に印を付けます。
テスト照射を行って肌の反応や痛みを確認したら、HIFUの照射が行われます。
ほとんど痛みはなく、イメージしていたよりも短時間で施術を終わりました。
HIFUの施術後はアフターカウンセリングがあり、施術後の注意点を聞きます。
治療後は2週間ほどピーリング作用のある化粧品を使えなくなり、30日程度は日焼けにも注意するように言われました。
最新の機器を使った治療なので費用が心配でしたが、手頃な料金だったので助かりました。